旅プラン: 7日間でグランドサークルを旅するなら(パート1/3)

アメリカ・アリゾナ州やユタ州をまたがる半径230km。
この中にグランドキャニオンをはじめとする国立公園や絶景がいくつも点在していることから、この一帯を「グランドサークル」と呼びます。
絶景好きならきっと誰もが夢見る、あこがれの場所なのではないでしょうか。

見どころギッシリなグランドサークルですが、ぜんぶ一気に回るには時間がいくらあっても足りません。
なんせ北米大陸はでかいっ。限られた旅程の中では、どうしても取捨選択する必要がでてきます。

というわけで、数ある絶景をイイトコ取りして、効率よくグランドサークルを巡る1週間の旅プランを考えてみました。
ココを抑えれば、グランドサークル感は十分に満喫できます!
さあ! レンタカーでめくるめく絶景巡りへ出かけましょうっ。

    • 目次

Day1: いざ、アメリカへ

グランドサークルを巡るルートはいくつかありますが、起点をラスベガスにするのが一番オーソドックスだと思います。
現時点で日本からの直行便はないものの、ロサンゼルスで乗り継ぎすれば片道1.5時間ほど。
利用したことはありませんが、韓国・仁川経由も良さそうですね。

航空チケットを調べる際は、イーツアーやスカイチケットなどの検索予約サイトも参考にしてみてください。

海外格安航空券サイト イーツアー
海外航空券予約 スカイチケット

Day2: 起点は眠らない街ラスベガス

空港に着いて、レンタカーセンターで車を借りたら、いよいよグランドサークル巡りスタートですっ。
きらびやかなベガスに後ろ髪ひかれつつ、一路ザイオン国立公園へ向かいましょう。

ザイオンへは所用2.5時間ぐらい。
最初はウィンカーと間違えてワイパー出しちゃったり、右折でまごまごしちゃったりしますが(←私はよくやる)、ザイオンに辿り着く頃にはすっかり左ハンドル、右側通行に慣れていることでしょう。
ザイオンは夜。景色を楽しむのは翌日のお楽しみにして、とりあえずこの日は就寝。

ザイオンでの宿泊は、スプリングデールの町がおススメです。

もしベガス到着が夜になってしまったら、ベガスに1泊して翌朝出発した方がいいかもしれません。
カジノ型ホテルは宿泊費がとにかく安いので、予算を浮かせたい場合にもベガス1泊をおススメします。

ホテル比較予約サイト トリバゴ

Day3: ザイオン国立公園で川をジャブジャブ

ザイオン国立公園の空気のうまさと言ったら、もう。
欲望の街ベガスから来ると、余計になんかこう、心が洗われるような気分になります。

芝生でくつろぐ人たちがいたり。
木漏れ日の下でランチを食べている人たちがいたり。
まさに緑あふれる桃源郷。

なお、以降に訪れる名所はぜんぶ岩系の絶景なので、緑系はザイオンが見納めとなります。
今のうちに緑の匂いを吸い溜めしておきましょう。



ザイオンでぜひおススメしたいのが「The Narrows」!
渓谷を流れる川の中を、川上に向かってじゃぶじゃぶ歩いていくトレッキングコースです。

その名の通り、進むにつれて谷間が狭く(narrow)なってきます。
仰ぐ空はまるで蒼色のベルト。

めったに味わえる体験じゃありません。ぜひチャレンジしてみてください。

なお、天候や水位の状況によって、コースがクローズされる事があります。
インフォメーションセンターに、その日の安全情報が掲示されているので必ずチェックしましょう。

ぜひ持って行きたいのは、水陸両用のスポーツサンダルと杖。
普通のスニーカー(水が逃げないし、すぐ乾かない)や、ビーサン(絶対ぬげる)はNGです。
杖といっても、トレッキング用のちゃんとしたスティックじゃなくて大丈夫。
ビジターセンターにも杖が売ってますし、川の近辺には、それっぽい流木も落ちてます。(←私はこれを拾って杖代わりにしました)

ちなみに、ナローズは全長26km弱のロングトレイル。
これを踏破するのはかなりハードなので、みなさん満足するところまで行って、各々引き返してくる感じです。
帰りの体力を考慮して、無理せず進んでくださいね。

さて。ザイオンを満喫したら、次の目的地へ向かいましょう。
目指すはアリゾナ、ページの町。ザイオンからは所用2時間弱です。
小ぢんまりした町ですが、大型スーパー「SAFEWAY」があったりして、何かと便利。
ここではモーテルに泊まって、ロードトリップムードにしみじみしちゃいましょう。

パート2へつづきます)



Rocking-Ayu

フォローもぜひ。絶景フェチ目線の旅リポートをお届け中です。

シェアする

4件のコメント

  1. ピンバック: 旅プラン: 7日間でグランドサークルを旅するなら(パート2/3) – TRAVELチップス
  2. ピンバック: 旅プラン: 7日間でグランドサークルを旅するなら(パート2/3) – TRAVELチップス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする