【食レポ】ピーナッツのお菓子「花生酥」台湾

台北で買ったお菓子「花生酥(ほゎーせんすー)」。

もっと買えばよかったーーー。というぐらい、美味しい。
ピーナッツバターを固めたような、サクサクほろほろのお菓子。

買ったのはこちら。

永康街の「舞味」というお菓子屋さんです。
店頭に試食が置いてあって、味見ができまして。
一目惚れならぬ一口惚れしましたよ、もう。
ピーナッツの香りと風味が口の中で暴れまくり。美味い。

ちょっと甘すぎるかなーという感じもしつつ、それでもあとひとつ、もうひとつ、と手が伸びてしまう。
これ、けっこうカロリーありそうなので、食べ過ぎるとまあまあヤバそうではありますが。でも食べちゃう。

成分は「花生醤(ピーナッツペースト)、糖(砂糖)、麥芽(麦芽)」以上!

潔い。意識高いぜ。こういうの、たまらんぜ。好き。
賞味期限は40日。まあまあもつ。

ちゃんと数えたわけじゃないのでアレですが、1袋だいたい20〜25個ぐらい入っているでしょうか。
友人は部署の人みんなに1個ずつバラまくぞーと言って2袋買っておられました。
いや、美味しいもの。うれしいよーこれは。
パイナップルケーキよりうれしいと思うよー。個人的には。
ブラックコーヒーとかに、すごく合うと思うよー。いいと思う。
パッケージも異国情緒まんてんで、すんごいかわいい。

これ、どこで作られているんだろう。
よく見ると、「産地 澎湖」と書いてある。
どこだ澎湖って。
調べてみると、ここでした。

澎湖(ぽんふー)。離島ではないか。
どうやら台湾のハワイとも呼ばれるリゾート島らしい。
普通に行ってみたい。
製造元の「正義餅行」とやらはどこかしら。
グーグル先輩に聞いてみました。
あった。ここ。

見た目、直売してるっぽい。(実際は知らない。)
やばい。行きたい。工場直売とか、そういうの好きなんですよ。
安いのかなー。直売所限定の大袋とかあるかなーー。
わくわく。今度行ったら、澎湖行ってみようかなあ。
というぐらい、花生酥にお熱です。

あ、なお、永康街のお菓子屋さんで購入しましたが、台北ではそこでしか売っていないっていうわけじゃないと思うので、他でもきっと手に入ると思います。
肝心のお値段はですね、、、忘れました。あは。
レシートもどっか行っちゃった。えへ。
試食して、美味すぎて、値段も確認せず買ってしまいましたわ。
まあ、そんなに高いもんじゃないはず。台湾だし。素朴なお菓子だし。



ちなみにいろいろ調べてみたのだけど、通販で同じ製品は見つかりませんでした。似たようなのもほとんどない。現地に行かねば手に入らないのか。くそう。

よーし。次行ったら、もっと買うぞ。
なんなら澎湖の製造元まで行っちゃうぞ。
花生酥。ピーナッツ好きの方には、全力でおススメします。
(おわり)




←ポチッとボタンを押して応援いただけると励みになります。

*掲載している情報は、記事作成当時(または本文中に記載の年月日)のものです。最新の情報とは異なる場合があることをご留意ください。




格安チケットを検索するなら 「スカイスキャナー」


おススメ度★★★★★
お役立ち度★★★★★
使いやすさ★★★★☆

シンプルなデザインと操作性で、目的地までの航空券やホテルを分かりやすくリストアップしてくれる「スカイスキャナー」。世界中1,200社以上の航空会社や代理店と提携しているので、料金の比較検討ならコレ1つでほとんど事足ります。
目当てのチケットが見つかったら、各サイトに移動してそのまま予約もOK。ただ、期間限定のキャンペーン料金などは反映されていない場合があるため、検索して相場を掴んだ後、各LCCの公式サイトなどをチェックしてみるのもおススメです。

ちなみに、国内旅行も含めて検索するなら トラベルコ も強い。ぜひ。

Rocking-Ayu

フォローもぜひ。絶景フェチ目線の旅リポートをお届け中です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする