【アメリカ】アッパーかロウワーか「アンテロープ・キャニオン」アリゾナ

グランドサークルの中でもとりわけ見事な造形美を誇るアンテロープ・キャニオン

初めて写真を見た時は「おお、さぞかし秘境なのでしょうね」と思ったのだけど、実際に行ってみるとアクセスは良好だし、見学方法も明快だし、思っていたよりハードル低めの初心者向けスポットでした。
なんならベガスやセドナから日帰りのオプショナルツアーも出てるし。

しかしアンテロープキャニオンへ行くと、我々旅行者はいつも突きつけられるのです。
アッパーVSロウワー両方行った方がいいの」問題
そして「アッパーVSロウワー選ぶならどっちがいいの」問題を。

アンテロープ・キャニオンは2箇所ある

そう、アンテロープ・キャニオンは2箇所ありまして。

上が「アッパー・アンテロープキャニオン」で、下が「ロウワー・アンテロープキャニオン」。
一つのMAPにまとめる方法が分からず。距離感つかみづらくてすみません。

どちらもページの町から車で10分弱の辺りにあります。
それぞれ単独でガイドツアーが用意されていて、ナバホ族の方が案内してくれます。ナバホの聖地なので勝手に入る事はできません
所要時間はどちらも1時間ぐらい。
ツアー料金は、アッパーが60ドルでロウワーが50ドルちょいです。

せっかくだから両方行きたい。
所要時間的には両方参加できそうだけど、でもツアー料金がかさむ。
嗚呼、両方行くべきなのか、どちらか一方でいいのか。
これが「アッパーVSロウワー両方行った方がいいの」問題です。

で、早速ですが解答を。ずばり「どちらか片方でよい」。

アッパーでもロウワーでも、かのフォトジェニックな景色は堪能できます
なので、あえて一気に両方行かなくてもいいのではと。少なくとも「絶対に両方行くべきである!」と断言するほどの差異はないと思います。(個人的見解)

というわけで、2つめの「アッパーVSロウワー選ぶならどっちがいいの」問題についても自動的に解答が導き出されました。

ずばり、どっちもキレイだから「どちらでもよい」。

アッパー、ロウワーどちらもまんべんなく美しいので、個人的には両方好きです。どちらに行くかは、気分で選んでよいかと思います。
気分で選べるぐらいには、それぞれに特徴もあります。

アッパー・アンテロープキャニオンの特徴

98号線沿いに駐車場と小さなツアーブースがあります。
まずは駐車場に車を止めて、ブースで参加申し込みを。

催行は「Antelope Canyon Navajo Tours」。
ツアーは1日5回(8:45、10:00、12:45、14:00、14:45)、所要約1時間
料金は大人60ドル、小人(0〜12歳)30ドル。(税もろもろ込み)

なお、有名な「Light Shafts(光の軸)」はアッパーでしか見れません
狙い目は、太陽が真上に上る正午。

出展:Antelope Canyon Navajo Tours

それ狙いのフォトツアーも用意されています。
1日1回(11:00)、所要約2時間
料金は160ドル。(税もろもろ込み)

ツアー会社のページによると、Light Shaftsを見るチャンスは、春の終わりから9月いっぱいまでだそうで。期間中でも曇りだったらアンラッキー。

私は見れませんでした、Light Shafts。
まあ11:00のツアーに参加してないしな。(お財布の事情で)
12:45のツアーならまだ可能性あるでしょ、とか思って参加したのだけどやっぱり見れず。ちぇ、いつか11:00のやつに参加してやる。

アッパーでは、駐車場からこの車でキャニオンの入り口まで運んでくれます。ドナドナ。

で、横から中へゴー

Light Shaftsはなくとも、充分見応えあります。
中はひんやり涼しくて、ハードな工程もなくて、飲み水とか帽子とかをうっかり忘れても全然問題なし。
もちろん写真撮影OK。ただし三脚や自撮り棒は禁止です。

ロウワー・アンテロープキャニオンの特徴

98号線からロウワー方面へ左折してまもなく、左手に大きな駐車場と建物が。
建物の中に、ロウワーのツアー申し込みカウンターがあります。

催行は「Kens Tours」。
9:00から15:30まで30分おきに催行、所要約1時間
料金は大人50.4ドル、小人28.4ドル。(税もろもろ込み)

ロウワーは建物からすぐのところに入り口があるので、徒歩で向かいます。
で、上から中へゴー

階段を降りている途中で「危ないから物落とさないよう気をつけてー」と言われますが、みんなポロポロなんか落とします。リップクリームだとか、カメラのキャップだとか。

ロウワーではLight Shaftsは見れないものの、やっぱり充分フォトジェニック。
ナバホのガイドさんがiPhoneの魔術師だったので、いろいろ設定をいじって素敵写真を撮影してくれました。

アッパーとは違い、狭い岩場をくぐり抜けたり、階段を上り下りしたりと、冒険要素が強めなのがロウワー。とはいえ、そこまでハードではありません。
個人的にはこっちの方が好きです。わくわくします。
もちろん写真撮影OKですが、やはり三脚やGoProは禁止です。

まとめ

アンテロープ・キャニオンは、アッパーもロウワーももれなく美しい
Light Shaftsが見れなくても、その造形美は充分圧巻です。(決して強がりではない)

どちらを選ぶかは、もう好みの問題。
のんびりまったりなアッパーか、アドベンチャーなロウワーか
もしくはLight Shafts狙いで、11:00発のアッパーか

時間とお財布に余裕があれば、160ドルのアッパー・フォトツアーからのロウワーの豪華2本立てもアリかと思います。(あー、余裕ほしい)
(おわり)


←ポチッとボタンを押して応援いただけると励みになります。



*掲載している情報は、記事作成当時(または本文中に記載の年月日)のものです。最新の情報とは異なる場合があることをご留意ください。

Rocking-Ayu

フォローもぜひ。絶景フェチ目線の旅リポートをお届け中です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする